男性 脱毛 自宅

男性でも、自宅で脱毛できますよ!

小さいころから、毛深いことで悩んでいました。学校とかで手足の毛が濃いことをからかわれたり・・・。

 

社会人になってからは、毎日ひげをそらないといけないのですが、ひげも結構濃いので毎日、ジョリジョリ剃るのががめんどくさかったです。

 

雑誌を見ていたら、男性でも脱毛するエステサロンがあるということで探してみたのですが、値段的にかなり高いですし、仕事も忙しくて、なかなか行く暇がありません
(脱毛は、発毛の周期があり1回で終わらないので、何回か通う必要があります)

 

【これは僕が買ったケノンという脱毛器です→】

 

 

それで、一度あきらめていたのですが、最近エステサロンで使っている脱毛器とほぼ同等の性能がある家庭用の脱毛器が発売されていることを知りました。

 

家庭用の脱毛器なら好きな時に脱毛できますし、いちいちエステサロンに行く必要もなく便利です。また、価格的にも、エステで全身脱毛することを考えれば、かなり格安です。
(ちなみに、エステだと数十万円単位が相場ですね・・・)

 

ということで、このサイトでは、家庭用の脱毛器で男性が自宅で使うとよさそう物を独断と偏見でランキング形式で紹介しています。参考になればうれしいです!

売れ筋の男性の自宅脱毛用品ランキング!

 

ケノン(ke-non)


家庭用の脱毛器で一番良いと思うのは、ケノン(ke-non)です。

 

ケノンは、某通販ショッピングモールで2012年〜2015年で1位をを獲得した脱毛器です。
すべての家電の中で1位なのでかなりすごいことだと思います!!

 

 

特に男性の場合、女性より毛が太いので光の出力が強いかどうかは大事なポイントです。
その点、ケノンは業界No1の出力ですので、しっかり脱毛できます。

 

脱毛の方式は、フラッシュ脱毛で、エステサロンで使われているのと同じです
照射面積が他の脱毛器と比べて一番広く、連射回数も6連射と多く、1発辺り0.2円と
コストパフォーマンスもよい高性能の脱毛器です。

 

僕も使っているのですが、サクサクとスピーディに脱毛できますし、出力を調整することで痛みも
ほとんどありません。

 

使った人の口コミを見ていると、ひげエステの無料体験の脱毛と変わらないそうですから、
それなら、値段も安く時間もかからないケノンの方が良いですよね。

 

1回の使用でも結構あごの辺りがすべすべになるので良い感じです^^。

毛は生えてくる周期があるので、何回か照射していくと、徐々に薄くなってきますので、
完全になくしたくない場合は、様子を見ながら数回にしておくと良いですよ。

 

カートリッジの照射回数が多いので、腕や足、胸毛の処理など全身に使えるので、
一緒に脱毛すると良いと思います。

 

価格は、特典が付いたり割引が行われたりしていることが多いので、現在の価格は公式ページを
確認するようにしてください。

 

男女兼用
価格:98000円(分割払い可能月々3000円〜)
送料無料
修理保証:1年間

 

 

>>ケノンの詳細・口コミはこちらから

 

 

(TRIA)トリアパーソナルレーザー脱毛器

 

 

トリアパーソナルレーザー脱毛器は、家庭用のレーザー脱毛器としては
古くからある商品です。

 

女性誌ではよく紹介されていて、女性ではかなりの人が知っています。最近では加藤夏希さんがイメージキャラクターとして登場しています。リニューアルを重ねつつ長く売れています。

もともとアメリカで開発されたもので、2009年にFDA(米食品医薬品局)に脱毛に効果が
あると認可された商品
です。

 

脱毛の方式としては、一世代前のレーザー脱毛なので、一回当たりの照射面積が狭く、何回も照射しないといけないので時間がかかるというデメリットがあります。

 

しかし、クリニックでも行っている脱毛効果が高いレーザー脱毛が家庭でもできるというのは、
価格と時間の面でよいと思います。

男性の場合、女性よりも毛深いのでこういうしっかりしたレーザー脱毛器で自宅脱毛したいものですね。

 

30日間の返金保証がついているので、まずは自分に合うか試せるところと、価格が59850円と
ケノンよりお得なので、脱毛スピードと価格の兼ね合いで検討されると良いでしょう。

 

返金保証:30日間
価格:59850円
修理保証:1年
男女兼用

 

>>トリアの詳細はこちらから

 

 

 

コントロールジェルME

 

コントロールジェルMEは、抑毛化粧品と言われるものです。

毛根に少しずつ成分が浸透することで、ムダ毛が細くなっていき、産毛のようになっていく効果があるものです。全国200か所のボディケアサロンで使われており、天然成分が原料なので肌へのダメージが少ないです。

 

公式ページを見ると、女性が使うものなのかな?と思うのですが、意外と男性にも多く買われています。ひげそりの後のアフターシェーブローションのように使うことで、ひげそり後の赤みや肌ダメージが和らぎますし、毛の成長が遅れて徐々に薄くなっていきます。

 

肌にも良い化粧水なので美肌になって、少しイケメンにもなれます(笑)2か月くらいかけてじっくり、毛を薄くするものなので、即効性は期待できませんが、家庭用脱毛器ってちょっと怖いよね・・・という方は、試してみると良いと思います。

 

脱毛を自宅でする時の補助的な存在としては良いと思います。

 

 

今なら、安心の60日間返金保証がついているので、効果がない場合や肌にわない場合でも安心です。

 

価格:5000円(初めての注文のみ)
返金保証:60日間

 

 

>>コントロールジェルMEの詳細はこちらから

 

 

自宅でメンズがひげ脱毛するのはメリットが多いと思う。

 

男として、髭があるのは仕方ないと思ってます。
でも、かなり濃く、すぐにのびて青っぽくなるのと、夏は肌荒れが酷くなって困っていました。
接客の仕事をしているので、のばしっぱなしにしておくわけにもいかないし、夏は吹き出物も出てくるので、ため息ばかりでした。
以前より髭脱毛のサイトを見ていましたが、何度か繰り返す。痛い。と言うのが面倒だと思っていました。
でも、体験談を見ていて、長い目で見れば経済的にも良いし、思い切って脱毛することにしました。
私の場合は、レーザー脱毛。ニードル脱毛の方が永久脱毛として認められてるので、最初はメリットが大きいと思いましたが、途中で挫折される方もいると聞いて、無理なく出来そうなレーザ―にしました。
最初は確かに痛かったです。しかし、麻酔効果のあるシートを使って貰ったので、辛いとは思いましたが、我慢できない程ではありませんでした。
最初は正直あまり実感がわきませんでした。日に当たったら駄目だとか面倒でした。しかし、回数を重ね、日を追うごとに効果が表れ、髭が抜けてぼつぼつした肌も整っていきました。
同僚から見ても違いが分かると言われ、自信が持てましたし、女性から肌が綺麗になったと褒められた時は、本当に嬉しかったです。
髭脱毛は、時間もかかるし、痛いし、色々大変です。でも、スッキリ綺麗になった自分の肌を見て、こんなに自信を持てたのは何よりのメリットだと思います。

 

胸毛を自宅でサクッと脱毛してみました。

人よりも胸毛が濃い事が、ずっとコンプレックスでした。
胸毛がある状態の体に自信を持つ事が出来ず、剃ってみた事もあったのですが、生え始めの中途半端な状態が気になり、剃り始めると、こまめに剃り続けなければいけないという事を実感しました。
ですが、完全に生え揃った状態は、やはりコンプレックスで、同じ様な悩みを持つ人はどうしているのだろうと、ネットで調べてみると、今は男性用の脱毛を選択する人も増えてきているという事を知りました。

 

脱毛というのは、高いと考えていたのですが、意外と手頃な料金で、この料金でコンプレックスが解消されるだけでなく、体に自信を持つ事が出来るのであればと、脱毛を始めてみる事にしました。

 

脱毛というのは、毛を抜くようなイメージがあったのですが、選んだ家庭用の脱毛器は、
胸毛に対して光を照射するだけと、とても簡単な施術でした。

 

最初は変化を感じる事ができなかったのですが、通ううちに毛が細く目立たない状態になっている事に気がつきました。
はっきりと目立っていた胸毛が、目立たないというだけでも、かなり嬉しく、今は脱毛を始めて本当に良かったなと思っています。
そして、理想の状態になるまで、もう少し通う予定です。

 

 

毛深い男性の悩みについて

 

男性であれば多少毛が生えているのもごく自然なことです。
しかし、人と比較して毛深い男性も存在していますので、その人なりに悩みがあるのです。
例えば、毛深いことにより変なアダ名をつけられたり、ネタにされる、というケースです。
周りが本気でからかっているのか、冗談なのか、はそれほど重要ではありません。
自分がそれで納得をしていればいいのですが、心の中ではそういったことをされるのに抵抗がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
だんだんと気持ちも暗くなっていき、何もやる気が出なくなくなってしまえば、日常生活を送るのが難しくなります。
もちろん毛深い男性にもレベルがあり、それぞれの環境による悩みの度合いもありますので、一口にまとめることはできないのです。
こうした悩みを抱えながら生きていくことは自分にとってもよくない、と考える場合があります。
ただ、自分で脱毛をしようとしてもなかなか続かなかったり、面倒くさくなってしまいがちです。
女性と違ってお肌のケアに慣れていない男性もいらっしゃいますから、ある意味当然の結果なのです。
悩みに上手に立ち向かっていくためには、毛深い自分を受け入れるか、そうでないかを考えた上で、上手に対処していきましょう。

 

意外と困る手の甲の毛と脱毛

手の毛がクマのように濃いため困っています。
手は、人から見える部分なので隠しようがありません。
冬場は手袋などをしていても不審な感じがしないのでいいのですが、それ以外の季節は露出を余儀なくされます。
困ったことに、どんなに服装や髪形を清潔感があるスタイルにしていても、手の毛が濃いだけで不潔そうに見られるんです。
彼女ができても、手の毛を見られるのが嫌でなかなか手を繋ぐことができませんでした。
また、コンビニやレストランでお金を出したときに、手の毛を見て露骨に不快な表情を見せる人もいて落ち込んでしまうこともありました。
そこで、思い切って脱毛することにしたのですが、男性用より女性用の方が脱毛クリームの種類が多く、また、肌にも低刺激なものが多かったのでネットで購入していました。

 

専用のクリームをつけるだけで簡単に脱毛ができるので、今のところはそれをまめにやることにしています。
若干、脱毛すると毛穴が大きくなっているようで気にはなっているのですが仕方ありません。
他の部分の体毛は薄い方なのに、なぜか手の毛だけが人より多いことが納得できません。
でも、脱毛することで気持ちも前向きになれるのでこの方法が良いのかもしれません。

 

ただ、クリームだとまた生えてきてしまうので、最終的には、家庭用の脱毛器で脱毛したいですね。
自宅脱毛とはいえ性能が高くなってきているので男性の剛毛でも結構余裕に脱毛できると思いますよ。